沖縄ダイビングにはCカードのライセンスを

水の季節、海の季節が到来してくると海のレジャーが楽しみです。 最近は特にマリンスポーツといって海中を見物、散歩するためのシュノーケリングやダイビングが盛んなようです。 此れらの楽しみが最も盛んなところが国内では南国ムードたっぷりの沖縄で有り、沖縄の海でしょう。 其の中でもダイビング、沖縄ダイビングは海のレジャとしてはお焦がれもものでしょう。

沖縄の海でも、浅瀬の海より海中深いところの方が内部の様子、景観や魚の種類も多く観られ、不思議ナ景観も多く見るべきものがあります。 その為には、海中のような深いところでは潜水能力や空気ボンベなどの機材の扱いがが必要になってきます。

水圧のかかる深いところにも慣れなければならず、安全に呼吸もしなければならず、その為にはしっかりとした基礎知識や経験を得るための勉強や講習を受けなければなりません。 これを「ダイビングライセンス」と言っています。

一般的には、スキューバダイビングの講習や実技は、国や行政などの決まった資格等ではなく、飽く迄も任意の公認の団体が主唱して行っています。 その主な資格にはまず初心者用としては「Cカード」というのがあり、この資格を任意に取得する必要があります。 正式な名前は「Certification Card」の略で、所定のコースを修了したことを証明するものです。

これは、ダイビングに必要な技術と知識を習得したことを証明するもので、飽く迄も初期の段階のものです。 それでも一旦取得してしまえば自動車免許の様な更新の必要がない永久資格となります。

ただ、この資格、ライセンスは任意の団体から認可されるもので、国家資格のようなものではありません。 第三者が「貴方のこのぐらいの技量だったら大丈夫でしょう」という程度のもので、保証する物ではありません。 それに、自分の体や健康、生命に関わることことでもありますので、しっかり講習を受け認証を受けてからスタートすべきです。